デコルテラインすっきり!たった1分でできる鎖骨リンパマッサージ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
A さん
「今日も一日疲れた~」
B さん
「あれ。あなた最近、首が短くなってない?」
A さん
「え、そう? 確かにデコルテラインが埋まったかも」
B さん
「鎖骨が埋まると太って見えるね。鎖骨のリンパマッサージしてみる?」
A さん
「簡単にできるなら、やってみたい!」

首から鎖骨にかけてのデコルテラインは女性らしさの象徴だと知っていましたか?

キレイな鎖骨は上品なセクシーさをアピールするポイントです。

 

「鎖骨がぺたっと埋まっている。太ったかな」

「首が短くなったような気がする」

そんなあなたは要注意です。太ったのではなく、長いデスクワークや姿勢の悪さから、老廃物が溜まっているのかもしれません。、特に首こりやむくみがある方は、リンパの流れが滞っている可能性大!リンパが滞ると老廃物が排出されにくくなり、、、全身のだるさの原因になります。さらに肌のトラブルにもつながるのです。

デコルテラインの埋まり解消におすすめは鎖骨リンパ。全身のリンパの出入り口でもある鎖骨のリンパを流すと、首、肩や顔だけではなく全身の症状改善につながりますよ。

簡単に、キレイな鎖骨を取り戻すリンパマッサージを試したいならまずはこの鎖骨リンパ!

リンパを流すには強い力は必要ありません。さらにデコルテラインの疲れを癒やすことで、呼吸が深くなりリラックス、全身の緊張も緩めることができます。

めりーさんの高反発枕
肩こり・首こり対策の枕、それがめりーさんの枕です。
90日間の返金保障付!
効果を実感できなかったら返品していただいて構いません。
お家で簡単に首の高さと角度によって微調整可能!
モニターの93%わずか15日で効果を実感しています。
めりーさんの高反発枕

1、鎖骨リンパマッサージがいい理由って?

鎖骨はリンパが流れる出入り口と言われています。

人間の体には隅から隅までリンパ管という管が張り巡らされています。リンパ管とは、その文字通りリンパ液を運ぶためのパイプのようなものです。リンパ液の役割は主に2つあり、1つ目は身体中に蓄積された毒素や老廃物などの不要物を運搬しそれを排出するというもの、そしてもう一つは体内に侵入しようとする病原体に対抗するための免疫の役割です。

リンパ節の大きさには大小があるのですが、その中でも大きく重要な役割を担っているリンパ節を「八大リンパ節」と呼びます。具体的な八大リンパ節は以下となります。

  • 鎖骨リンパ節
  • 脇下リンパ節
  • 顎下リンパ節
  • 鼠径リンパ節
  • 膝かリンパ節
  • 耳下腺リンパ節
  • 肘リンパ節

これら八大リンパ節の中でも多くのリンパ管とつながっており、重要だとされているのが鎖骨リンパ節です。鎖骨リンパ節は「すべてのリンパの出入り口」と呼ばれることもあります。鎖骨リンパ節は左右の鎖骨に存在し、右鎖骨リンパ節よりも左鎖骨リンパ節の方がより多くのリンパ管とつながっています。

このようにリンパ節は大変重要な働きを担っている器官なのですが、リンパ節がうまく機能せず、リンパ液が滞ってしまうという状態もしばしば発生します。リンパ液が滞ってしまうということは、むくみを始めとしてさまざまな身体の不調を引き起こします。

日々の生活を不調なく健康なものとするためにはリンパ節の機能をしっかりと働かせ、リンパ液が滞らないようにすることが大切です。そのために、方法の一つとして挙げられるのがマッサージです。特に鎖骨リンパ節は先にも述べましたように多くのリンパ管とつながっているということもあり、できるだけ定期的にマッサージを行うのが良いとされています

2、鎖骨リンパマッサージで得られる効果

鎖骨リンパ節の不調を改善する最も手軽な方法がマッサージです。ここからはそのマッサージによってどのような効果が期待できるのかといったことについて具体的に見ていきたいと思います。

(1)肩こり、頭痛、腰痛の改善

鎖骨リンパマッサージによって得ることが期待できる最も代表的な効果が肩こり、頭痛、腰痛の改善です。肩こり、頭痛、腰痛などは血行の変化によって発生すると同時にリンパ液の流れの変化によっても生じます。

肩や腰などは人間が自らの身体を支えるのに重要な部分なのですが、同時に常に全身から大きな負担を受けています。常に大きな負担にさらされている上、負担の大きな姿勢をとったり同じ姿勢を保ち続けたりすると、さらに大きな負担が生じるようになります。こうした負担が大きくなると筋肉が硬直し血液やリンパ液が流れにくくなってしまうのです。

リンパ液には老廃物を運び、排出するという役割がありますが、その流れが滞ると肩や腰などに老廃物が蓄積され、それが肩こりや腰痛を引き起こします。

鎖骨リンパマッサージを行うことはリンパ液の流れを正常化する効果があり、結果として肩こりや腰痛を改善することが期待できるのです

(2)顔や体のむくみ改善

リンパ液の滞りは全身のむくみにもつながります。特に鎖骨リンパの流れが滞っている状態ではその部分がむくみ、鎖骨が見えなくなってしまうということもあります。

こういった場合、鎖骨のマッサージを行うことでそういったむくみを改善することが期待できます。

(3)美肌、小顔効果

リンパ液の滞りによるむくみは当然顔にも発生します。顔がむくむと顔全体が大きく見えるようになってしまいます。

また顔のリンパ液が滞るとそこに老廃物などが蓄積されるようになりますが、これは吹き出物やシミなどの原因にもなります

そのため鎖骨マッサージをしてリンパ液の流れを改善することは小顔効果、そして美肌効果も期待できるのです。

(4)疲れにくい体になる

リンパ液によって運ばれる物質の一つに「乳酸」があります。乳酸は疲労物質とも呼ばれ、筋肉や神経に負担が生じると分泌量が増加します。

リンパ液が滞り、この乳酸の運搬や排出が不十分になってしまうと疲労物質が蓄積され、疲れやすい体質につながってしまいます

鎖骨リンパマッサージを行うことはこの疲労物質の排出を促し、結果として疲れにくい体質を作り上げる効果が期待できます。

(5)バストアップ

特に女性の場合、リンパの流れはバストの大きさと非常に密接な関係があることが知られています。

乳房は脂肪のかたまりであり、多くの栄養素が蓄積されています。リンパ液が滞ると乳房の細胞の新陳代謝が悪くなり、栄養素が十分に届かなくなってしまうのです。その結果としてバストの発育が阻害されてしまいます。

また老廃物が身体に蓄積されることはホルモンバランスの悪化も引き起こします。バストの発育には女性ホルモンが必要です。しかしホルモンバランスの乱れによりそれが十分に分泌されない場合、その発育も阻害されてしまいます。

こうしたこともあり、鎖骨リンパマッサージによってリンパ液の流れを改善することはバストアップにもつながっていくのです。

3、リンパの流れが悪くなるのはなぜ?

リンパ管は血管とは違い、心臓のようなポンプの装置を持っていません。そのためちょっとした理由により、その流れが滞りがちとなってしまう傾向があります。

では、そうしたリンパ液の流れを滞らせる原因としてはどのようなことが挙げられるのでしょうか。具体的に見ていきましょう。

(1)運動不足

リンパ管はその周辺にある筋肉が伸縮する運動に連動してリンパ液を流します。そのため運動不足により、筋肉の伸縮運動が少なくなると、それに伴って流れが滞りがちになってしまうのです

(2)ストレス

ストレスは自律神経の働きを低下させることがあります。

筋肉の運動は自律神経によってもコントロールされています。例えば気温が高い状態では自律神経の働きによって筋肉組織が拡張され、それによって熱を逃します。

またそれ以外にも胃や腸などの内臓の筋肉は自律神経と非常に密接な関連があり、自律神経の働きが低下すると消化不良を引き起こしたり、腸から脳へとホルモン分泌の指令が送られなくなってしまったりします。

こうしたことからもわかるようにストレスによる自律神経の機能低下は結果としてリンパ液の流れを滞らせることにつながります

(3)冷え

人間の体は冷えると筋肉を収縮させ、熱を逃さないようにします。そしてその結果としてリンパ管も収縮し、リンパ液の流れが悪くなってしまいます

またリンパ液の流れが悪くなると、老廃物が蓄積され新陳代謝の効率が悪くなります。それによって熱の循環がさらに悪くなり、リンパ液の流れが悪くなってしまうという悪循環に陥ってしまうのです。

(4)水分不足

当然のことではありますが、リンパ液の主な原料は水です。

つまり体内の水分が不足するということは、体内を循環するリンパ液の量が少なくなってしまうということを意味し、結果としてその流れを悪くしてしまいます。

4、1分でできる!お手軽鎖骨リンパマッサージ

鎖骨リンパマッサージはこちらの動画にあるようにだれでも簡単に行うことができます。以下ではその手順も記載していますので、ぜひ日頃から定期的にマッサージをするようにしましょう。

【1】耳の付け根を人差し指と中指で挟んで大きく回します。

【2】耳の下に指3本を添えて、10回ほど回すようにほぐします。

【3】耳の下から首筋を通って鎖骨までさするようにしながら下ろしていきます。これを4回ほど繰り返します。

【4】左右どちらかの鎖骨を反対の手の人差し指と中指で挟み、鎖骨の端から端までをさすります。こちらも4回ほど繰り返します。

【5】反対の鎖骨でも同様に逆の手の指で挟み、端から端までさすります。こちらも4回繰り返します。

5、プラスして行いたい鎖骨リンパマッサージ

鎖骨リンパマッサージの方法は先ほど紹介したもの以外にもさまざまです。例えばそうした方法の一つに「体の中心から鎖骨に向けて流す」というものがあります。

人体の胴体の中心には胸管というリンパ管があります。この方法は、胸管から鎖骨に向けて、下から上へ流すようにするマッサージ法です。

やり方としては非常に簡単で、お腹の当たりに手を置き、そのままゆっくりと鎖骨に向かって流すようにさするだけです。左右両方を計20回ほど連続して行ってください。

こちらの方法も併せて行うことで、さらに大きな効果が期待できるでしょう。

6、なでるだけでOK!鎖骨リンパマッサージのコツ

鎖骨リンパマッサージを行う場合、いくつかのコツが存在します。ここからはそういったコツについて具体的に見ていきましょう。

(1)力加減はやさしく

リンパ節は身体の比較的浅い部分にあります。ですので、マッサージをする場合には軽くなでるようにするだけで十分な刺激を与えることができます

逆に強く押しすぎると翌日などまで痛みが残ってしまう場合もあるので注意が必要です。

(2)方向は上から下へ

鎖骨リンパマッサージの場合、例外もあるものの基本的には上から下の方向へマッサージを行います。リンパ液は基本的に体の末端部分から中央部に向かって流れていくからです。

鎖骨リンパマッサージの場合鎖骨を通って胴体に流れ着くといったことをイメージし、その流れに沿ってマッサージを行うようにしましょう。

(3)体を温めてから行うのがおすすめ

リンパマッサージを行う場合には、体を温めてから行うのがおすすめされます。

体温が上昇すると筋肉組織が拡張し血管も膨張します。このとき同じようにリンパ管も拡張されるので、この状態でマッサージを行うことにより更に効果を高めることが期待できます。

(4)オイルやクリームで保湿効果も

リンパマッサージを行う際、マッサージオイルやクリームなどを手に取り、それを塗るようにマッサージすると保湿効果などが得られるためおすすめです

7、リンパマッサージで注意すること

リンパマッサージを行う際にはいくつか注意をした方が良いポイントも存在します。

リンパマッサージはやり方を間違うとかえって健康を害してしまうこともありますので、以下で紹介する点を守りながら行うようにしてください。

(1)力をいれすぎない

先にも少し述べましたが、リンパマッサージを行う際には力を入れすぎないよう注意が必要です。

リンパ管やリンパ節は皮膚のすぐ下にあるため、マッサージをする場合強い力は必要ありません。逆に力を入れすぎると皮膚やリンパ管を痛めてしまうことも考えられますので強く押しすぎないよう気を付けてください

(2)体調が悪い時は控える

次のような場合にはリンパマッサージを行うのを控えるようにしてください。

  • 風邪を引いているとき
  • お酒を飲んだ後
  • 食後2時間程度
  • 過度に身体が疲れているとき
  • マッサージを行う箇所に怪我や湿疹などがあるとき
  • 妊娠しているとき

リンパ液は身体の老廃物や病原体などを運搬し排出する機能を担っています。そのため場合によってはその流れが良すぎることで問題を引き起こすこともあるのです。

例えば細菌やウイルスに感染している場合、お酒を飲みアルコールが体内に残っている場合など、リンパマッサージを行うことでこれらを全身に運んでしまい、かえって重症化してしまうことが考えられるのです。

8、リンパの流れをよくする生活習慣

リンパの流れを良くするためには、マッサージを行うだけではなく日常的にその流れを良くするための生活習慣を身に着けることが大切です。

例えばリンパの流れを良くする生活習慣としては、第一に運動が挙げられます。運動をすることで筋肉が伸縮し、それに伴ってリンパ管も正常に機能するようになります。

また猫背など姿勢の悪さもリンパの流れにとっては良くありません。ですので、できるだけで背筋を伸ばす、定期的に腹式呼吸を行うなど姿勢に関しても日頃から注意をするようにしましょう。

またその他に、冷え性などのある人はできるだけ体を温めるなどの工夫を行うこともおすすめされます

まとめ

入浴中やテレビを観ながらでも手軽にできる鎖骨リンパマッサージ。簡単なのに肩こり改善やむくみ予防にも効果があるのがうれしいですね。気分転換やスキンケアのついでに取り入れて、毎日すっきりと過ごしましょう。

めりーさんの高反発枕

肩こり・首こり対策の枕、それがめりーさんの枕です。

90日間の返金保障付!

効果を実感できなかったら返品していただいて構いません。

お家で簡単に首の高さと角度によって微調整可能!

モニターの93%わずか15日で効果を実感しています。


詳細はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

免責事項
このサイトは、腰痛に関する情報提供を目的としております。

■ このサイトに記載している内容は、医学的な研究による根拠や証拠に基づいて掲載されていますが、すべての腰痛症について効果を保証するものではありません。

■ 腰痛には様々な原因がありますが、まれに重大な病気やケガなどが原因となっている場合があります。万が一そのような病気やケガが発見された場合は、医師の指示に従い、原因となっている病気やケガの治療に専念してください。

■ あらゆる病気やケガの回復には個人差がありますので、効果の保証は致しかねます。ご自身の責任においてご参考ください。

■ またこちらに記載している運動やストレッチ、食事等を参考にしたことで、万一いかなる損害が生じた場合においても、当サイトはその結果に責任を負うものではありません。

タンタン整骨院 院長 小林 敬和(こばやし のりかず)

メディカルKグループ代表
薬に頼らない頭痛治療研究所 所長
柔道整復師・頸椎セラピスト(頭痛治療家)
協同組合日本接骨師会 会員

【著書】
「1分間で腰痛がみるみる治る!」(三笠書房)出版
「おでこを冷やすだけで心と体が元気になる!」(三笠書房)出版
「頭痛は、1分間でおさまる!」(KKベストセラーズ)出版
「腰痛治療 プロフェッショナル12人」(現代書林)出版