布団

布団・マットレスはどう選ぶ?違いや選び方の3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
A さん
「子供が生まれたら寝室をしばらく別にするって言ってたじゃん?私の布団が無いから、新しく布団かマットレスを買おうと思うんだけど、どっちがいいかな?」
B さん
「待って(笑)違いが分かんない、布団とマットレスって一緒じゃないの?違うの?」
A さん
「そう言われると、私もはっきり分からない…」
B さん
「布団なんてなんでもいいじゃん、適当に買ってきなよ」
A さん
「そんな言い方しなくても…わかった。適当に自分で買ってくるね!(勝手にいいやつ買ってやるんだから。)」

長年使ってきた布団やマットレスが古くなり、そろそろ買い換えようと思ったり、季節の変わり目や、家族構成の変化などでも、買い換えようかなと思うタイミングはやってくるのではないでしょうか。

そこで、皆さんは布団やマットレスをどう使い分けていますか?また、違いはご存知でしょうか?

布団を買い換えたい、マットレスを買い換えたいと思った時に、「違いが分からない!」「どうやって選べばいいの?」「一緒に使うもの?」などの疑問を、私が実際に専門家に聞いてきた話を元にスッキリ解決していきましょう。

腰痛対策マットレス「モットン」
自然な寝返りをサポートするマットレスが登場!
モニターの94%わずか15日で効果を実感!
嬉しい声続々いただいてます。
「長時間のデスクワークも苦じゃなくなりました」
「朝まで快適に眠れています」
腰痛対策マットレス「モットン」

1、布団とマットレスってどう違うの?

(1)布団の特徴

①コットン(綿)

【1】保温性・吸湿性が良い

保温性、吸湿性が良いが、放湿性が少し弱いため、定期的な天日干し、または乾燥機などで乾燥させる必要があります。また、乾燥させて放湿することで、ふっくらとした布団に戻ります。

【2】寿命は長くて10年

コットン布団の寿命は、しっかりお手入れをしていれば、10年程もちます。天日干しをしても、ふっくらしなくなってきたと思ったら、メンテナンス時期でしょう。

質がいいコットンであればとても長持ちします。

【3】ダニが繁殖しやすい

コットン布団は、放湿性が弱いため、ダニが繁殖しやすい環境になりがちです。そうならないためにも、定期的に天日干しをしましょう。

②ウール(羊毛)

【1】保温性、放湿・吸湿性が良い

保温性や放湿・吸湿性が良いため、汗をかいても湿気を外に逃がしてくれます。そのため、肌触りもサラっとしており、温かく寝ることができ、大人と比べて体温調整がしづらい乳幼児にもとても最適です。

【2】寿命は約5年

ウール布団の寿命は約5年程です。しかし、羊毛布団は徐々にヘタってくるものですので、使用方法や体格によってもヘタり具合は変わってきます。2年半~3年程経ったら点検してみるといかもしれません。

【3】ダニが繁殖しにくい

ウール布団は、ダニが発生することはありませんが、周りから付着することはあり得ます。ですので、こまめに掃除機をかけたり、天日干しをしたりなどのお手入れをしてください。

③ファイバー素材

【1】通気性や保温性が良い

繊維が絡み合った造りになっているので、通気性が抜群で、さらに保温性にも優れています。

【2】寿命は約5年

ファイバー素材の寿命は約5年程ですが、それぞれ開発企業によって変わってきます。基本的には、ファイバー素材は各社独自開発のものばかりですので、購入時に確かめてみましょう。

【3】ダニが繁殖しにくい

通気性がとても良いので、ダニやカビの繁殖を抑えます。

(2)マットレスの特徴

①ウレタン素材

ウレタン素材は発泡性の素材でとても反発力が高く、クッション性に優れています。そのため安定した寝姿勢を保つ事が可能です。

ウレタン素材のマットレスの種類は、一番よく使用されている素材なだけに様々な種類があり、通気性に関しては、発泡させる泡の大きさによって変わります。

ですので、値段も安価なものから高額なものまで幅があります。デメリットとしては、ウレタン素材は、水洗いや天日干しができません。

重さは、ウレタンの密度によりますが、ヘタリにくく(ダメになりにくく)しっかりと体を支えてくれるものは、密度が高いのでずっしりした重量があります。

②コイル

マットレスの中心に金属性のコイルを使用したもので、一つ一つのコイルを敷き詰めたタイプのポケットコイル型と、螺旋状のコイルを連結して詰め込んであるボンネルコイル型があり、体圧分散性に優れています。

〔1〕ポケットコイル型

一つ一つのコイルが体を点で支えるため、体圧分散性に優れています。コイルタイプはポケットコイルが主流です。
〔2〕ボンネルコイル型

一連に連なったコイルを使用しているタイプなので、身体を面で支えるため寝心地が硬く、床に布団を敷いている感覚に近いかもしれません。

③ファイバー素材

非常に通気性が良いという特徴があります。樹脂タイプは、繊維状のものを編み込んでマットレスにしたものがほとんどで、9割以上が空気でできているという商品が多数あります。

速乾性に優れており、水洗いまで可能です。体圧分散性にも優れているので、安定した寝姿勢を保つことができます。

しかし樹脂タイプは熱に弱いというデメリットがありますので、ホットカーペットなど、熱を発するものは使用できません。また、天日干しも推奨されていません。

2、布団・マットレスの選び方

基本的に選び方は布団もマットレスも共通で、何を重要視するかでしょう。

(1)自分の予算に合った価格帯

どんなにいい布団やマットレスを見つけても、値段の合わないものでは買えませんよね。それでは意味がありません。価格を重視する人は、まず予算を決めてから選んでみて下さい。

(2)手入れがしやすいもの

布団であれば、上げ下ろしがしやすいものや、洗濯がしやすいもの。マットレスであれば簡単にお手入れができるものを選びましょう。重量のあるものだと、お手入れが少し大変かもしれませんね。

(3)長持ちするもの

せっかく買ったものであれば、長持ちさせたいですよね。購入するものによっては、寿命が天と地ほど差が出る場合があります。

布団であれば、中綿の素材を確認したり、マットレスであれば寿命を表記している場合もありますので、そちらを参考にしてみて下さい。

(4)身体の不調を改善してくれるもの

布団やマットレスの中には、腰痛対策や冷え性対策などと身体の不調を改善することに特化したものがあります。

睡眠は人生の3分の1を占めるものですから、身体に不調を感じている人は、多少価格が高くても選んでみる価値はあるかもしれません。

(5)実際に寝てみて寝心地がいいもの

なんと言っても、自分と相性がいいものを選ぶのが最善です。インターネット上では分からない事も、実際に寝てみてわかることがあります。

自分にとって寝心地はどうか確認して、「これだ!」というものを選んでみて下さい。

3、おすすめ布団

(1)雲のやすらぎプレミアム

 

商品URL http://ichiban-boshi.com/shop/shop.cgi?id=29
価格(税込み) シングル セミダブル ダブル
39,800円 49,800円 59,800円
お手入れ方法 窓を開けて、壁などに立てかけて陰干し。

頭部分と足部分を2週間に一度程、位置を交換して使用。

特徴 ・厚さ17cmの5層構造

・体圧分散性に優れている。

・80,000回の圧縮実験でもヘタらない。

・羊毛使用で保温効果抜群。

(2)ブレスエアー 洗える布団

 

商品URL http://item.rakuten.co.jp/windowbird/wb029/
価格(税込み) シングル セミダブル ダブル
13,880円 29,800円 32,800円
お手入れ方法 丸洗い可能で、速乾性に優れている。
特徴 ・通気性抜群

・体圧分散性に優れている。

・80,000回の圧縮実験でもヘタらない。

・菌が繁殖しづらく衛生的

(3)ムアツ2フォーム

 

商品URL http://www.nishikawa-store.com/fs/futon/floortype/2220106381
価格(税込み) シングル セミダブル ダブル
41,040円 57,240円 68,040円
お手入れ方法 定期的に風通しの良いところに立てかけておく。
特徴 ・体圧分散性に優れている。

・通気性が良い

・寝返りがしやすい

(4)エアウィーブ 四季布団

 

商品URL http://airweave.jp/products/airweave_shiki.php?gclid=CITfyY-84tMCFYmCvQod5MEH2w
価格(税込み) シングル セミダブル ダブル
89,640円 108,000円 125,280円
お手入れ方法 丸洗い可能で、速乾性に優れている。
特徴 ・体圧分散性に優れている。

・夏は蒸れにくく、冬は暖かい。

・軽いので持ち運びも簡単

4、おすすめマットレス

(1)モットン

 

商品URL http://motton-japan.com/lp/mat/ka/
価格(税込み) シングル セミダブル ダブル
39,800円 49,800円 59,800円
お手入れ方法 風通しの良い場所に立てかけて、陰干しをする。

布団乾燥機も使用可能

特徴 ・体圧分散性に優れている。

・通気性が抜群

・寝返りを打ちやすい

・80,000回の耐久試験にも耐える、耐久性

・ダニが発生せず、ホコリも出ないので衛生的

・硬さが選べる

(2)雲のやすらぎ

 

商品URL http://ichiban-boshi.com/shop/shop.cgi?id=124
価格(税込み) シングル セミダブル ダブル
138,000円 148,000円 158,000円
お手入れ方法 壁に立てかけて干す
特徴 ・27cmの厚み

・体圧分散性に優れている

・通気性抜群

・防ダニ防臭効果あり

・完全国内生産

(3)エアウィーブ

 

商品URL http://airweave.jp/products/airweave.php
価格(税込み) シングル セミダブル ダブル
64,800円 77,760円 90,720円
お手入れ方法 丸洗い可能
特徴 ・体圧分散性に優れている

・寝返りがしやすい

・速乾性に優れている

・カバーが両面仕様で1年中快適に使用できます。

(4)ブレスエアー

 

商品URL http://item.rakuten.co.jp/soukaiketsu/ex2-001/
価格(税込み) シングル セミダブル ダブル
31,428円 38,988円 46,548円
お手入れ方法 丸洗い可能

頭部、腰部、脚部の3ブロックに分かれているので、定期的に入れ替えをローテーションで入れ替えをすると長持ちします。

特徴 ・体圧分散性に優れている

・軽くてお手入れが簡単

・通気性に優れている

・硬さの異なる2種類のブレスエアーを使用したダブルクッション仕様

5、布団とマットレスの上手な使い方

布団とマットレスは、どうやって使うのがいいの?と思ったことはありませんか?ここでは、様々な使い方をご紹介します。

(1)マットレスを布団の下に敷く

布団の下に敷くことで、ふわふわとクッション変わりになり、床に当たる感覚を減らす使い方があります。少し厚みが欲しいなと思ったときに、布団の下に敷いて使用するといいですね。

(2)マットレスを布団の上に敷く

腰痛対策マットレスなど体圧分散性に優れているマットレスを使用する場合などは、直接触れるように使用することで負担を減らすことができるので、布団の上に敷く事をおすすめします。

また、こういったマットレスは、マットレスだけでも十分効果を発揮するものが多いので、マットレスのみの使用でもいいでしょう。

また、布団の中にも体圧分散効果のある厚みをもった布団がありますので、そういった布団に関しては、布団のみで十分に快眠を得られるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。布団とマットレス、気になるものは見つかりましたか?寝具選びは、とても重要です。しっかり自分に合った寝具を選んでくださいね。

腰痛対策マットレス「モットン」

自然な寝返りをサポートするマットレスが登場!
モニターの94%わずか15日で効果を実感!

嬉しい声続々いただいてます。
「長時間のデスクワークも苦じゃなくなりました」

「朝まで快適に眠れています」


詳細はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

免責事項
このサイトは、腰痛に関する情報提供を目的としております。

■ このサイトに記載している内容は、医学的な研究による根拠や証拠に基づいて掲載されていますが、すべての腰痛症について効果を保証するものではありません。

■ 腰痛には様々な原因がありますが、まれに重大な病気やケガなどが原因となっている場合があります。万が一そのような病気やケガが発見された場合は、医師の指示に従い、原因となっている病気やケガの治療に専念してください。

■ あらゆる病気やケガの回復には個人差がありますので、効果の保証は致しかねます。ご自身の責任においてご参考ください。

■ またこちらに記載している運動やストレッチ、食事等を参考にしたことで、万一いかなる損害が生じた場合においても、当サイトはその結果に責任を負うものではありません。

タンタン整骨院 院長 小林 敬和(こばやし のりかず)

メディカルKグループ代表
薬に頼らない頭痛治療研究所 所長
柔道整復師・頸椎セラピスト(頭痛治療家)
協同組合日本接骨師会 会員

【著書】
「1分間で腰痛がみるみる治る!」(三笠書房)出版
「おでこを冷やすだけで心と体が元気になる!」(三笠書房)出版
「頭痛は、1分間でおさまる!」(KKベストセラーズ)出版
「腰痛治療 プロフェッショナル12人」(現代書林)出版