【ママ必見】放っておくとダニやカビが発生!マットレスの手入れ方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
A さん
「マットレスのお手入れってしてる?」
B さん
「実は、よくわからなくて一度もしてないのよね・・・」
A さん
「うちも。そのせいか最近、子供がアレルギーっぽくて」
B さん
「ハウスダストかな?うちもカビやダニが心配なんだけど、どうしたらいいのかわからなくて」
A さん
「なんか面倒そうだもんね・・・。マットレスのお手入れって必要なのかな?」

マットレスのお手入れ、していますか?

マットレスはそのまま使い続けるとカビやダニが大発生してしまうことも。その死骸がアレルギーのもとになるので、小さなお子さんがいるお家ではぜひ気を付けたいところ。

マットレスのお手入れというとなんだか面倒そうな響きですが、普段気を付けるポイントは6つだけ。適切なお手入れ方法を覚えて、家族みんなで快適な毎日を送りましょう。

腰痛対策マットレス「モットン」
自然な寝返りをサポートするマットレスが登場!
モニターの94%わずか15日で効果を実感!
嬉しい声続々いただいてます。
「長時間のデスクワークも苦じゃなくなりました」
「朝まで快適に眠れています」
腰痛対策マットレス「モットン」

1、マットレスのお手入れって必要?

ベッドパットを敷いていたり、通気性に優れたタイプのマットレスを使っていたりする場合でも、定期的なお手入れは必要です。

寝ているときの汗などで湿気がこもりやすいマットレスは、目に見えなくてもダニやカビの温床になりやすいもの。定期的に手入れをしないとアレルギーが発症する原因に繋がります。

また、マットレスの寿命は一般的に約10年と言われています。身体の構造上、負荷のかかりやすい場所とそうでない場所で凹凸が生じ、肩こりや不眠といった身体の不調に繋がるためです。 マットレスの寿命を延ばすためにも、お手入れの一環として、裏表や身体に対する向きを変えるようにしましょう

2、基本のお手入れ方法6ステップ

実際にマットレスを快適に使うためには具体的に何をすれば良いのでしょうか。快適に使うために実戦したい基本のお手入れ方法を6つご紹介します。

(1)上下を置き換える

いつも同じ面で寝ていると一部のスプリングだけに負荷がかかり、マットレスの劣化が早まります。定期的に上下を入れ替えましょう。目安としては1~3カ月に一度程度がオススメ。

(2)ベッドパッドはこまめに交換

そしてベッドパットはこまめに交換・洗濯をしましょう。長期間使用しているとダニや雑菌が繁殖しやすくなります。とくに夏場は汗をかいたと感じたときは、すぐに交換してくださいね。

(3)マットの種類により日光を当てる

薄めのマットレスは、3か月に1度を目安に日光に当てましょう。また高反発マットは干すように設計されたいません。さらにウレタンマットは劣化するので日光に当てないように。双方とも定期的に立てかけて風を通し、上下左右の向きを変えましょう。お手入れの方法については取り扱い説明書を参考にしてください。

(4)掃除機をかける

現在使用している掃除機で構わないので、じっくりと時間をかけて掃除機をかけてください。ホコリやダニの死骸などアレルギー物質を減らします。

(5)防ダニシーツ・ベッドパッドを使う

ベッド用寝具には防ダニ加工を施したシーツやバッドパッドがあります。そういったタイプを選び、こまめに洗濯をすればダニの繁殖を最小限に抑えられます。

(6)湿気を逃がす

ダニは湿気を好むため、日光を当てることは有効ですが、高反発のマットレスは日に当てるように設計がなされていません。

湿気を逃がすために、マットレスとフレームの間に隙間をつくりましょう。本やバスタオルを丸めてマットレスとフレームの間に挟み、扇風機などで風を送り込む方法でも構いません。

出典:『グリーンワット』

(7)ベッドの下をまめに掃除する

ベッドの下のホコリを放置しておくと、ダニの巣窟になってしまいます。掃除機のノズルが入らない場合はフローリングワイパーなどを使用してみましょう

掃除機もフローリングワイパーのいずれも入り込む隙間がない場合は、針金ハンガーに不要なストッキング類を装着するだけで驚くほどホコリが取れますよ。

出典:『女性の美学』

3、重曹を使ってお家で簡単にマットレスクリーニング

日頃のお手入れだけでなく、もっとしっかりとマットレスをきれいにしたい。一部の寝具メーカーではマットレスのクリーニングを実施していますが、なかなかの高額。

そこまでは出せないけれども、お手入れはしたい。そんな方におすすめなのが「重曹」を使ったクリーニング方法。重曹さえあれば、家庭でも簡単にクリーニングができますよ。

用意するものは「重曹」と「掃除機」のみ。まずはシーツ類を全て外し、掃除機をかけてください。とくに髪の毛や皮脂などで汚れが付着しやすい頭の部分は念入りに。

掃除機が終わったらマットレスの上に重曹をかけていきましょう。ザルを使用するとムラなく簡単にかけられますよ。重曹には汚れを吸着する効果があり、かけるだけで汚れを取ってくれます。

出典:『メリケン』

そのまま一晩寝かせ、掃除機で重曹を吸い取れば終了。その際も縦方向、横方向のどちらも丁寧に掃除機をかけてくださいね。

もっとしっかりお掃除方法を知りたい方はこちらの記事を参考にしてください

マットレスのシミが驚くほど落ちる!一瞬でキレイになる簡単お掃除法

4、マットレスを長持ちさせるための注意点

お気に入りのマットレスを長持ちさせるためには何をしたら良いのでしょうか。注意点と汚してしまった場合の応急処置方法をお話ししていきます。

(1)曲げない

お手入れをするときなど、マットレスは曲げないようにしてください。曲げてしまうとスプリングの変形や破損に繋がります。

(2)飛び跳ねない

小さなお子さまのいる家庭で注意したいのが飛び跳ね。スプリングの劣化はもちろん、思わぬケガに繋がるかもしれません。

(3)汚れから守る

汚れはスプリングの寿命を短くします。マットレスを使用するときには必ずベッドパットを使用してください。

万が一汚してしまった場合は中性洗剤を浸した布でふき取ります。そのときにはトントンと叩くと汚れが浮き上がりやすくなるでしょう。洗剤のあとは水を含ませた布で同様に引き取ってください。その後はしっかりと乾かします。

(4)ベッドフレームを使用する

マットレスをそのまま床に置くと湿気の通り道がなくなり、ダニの増殖やカビの原因になります。マットレスの正しい形を保つためにも、規格にあったベッドフレームを使用しましょう。

5、ダニやカビを増殖させてしまうNGな使い方

マットレスのお手入れをするのはもちろんのこと、そもそもダニやカビを増殖させない使い方をするのも大切です。NG例をまとめました。

(1)ベッドパットを使用しない

寝心地などの観点からマットレスにそのままシーツを敷いている方もいますが、それでは湿気が溜まってしまいがち。必ずベッドパッドを使用してください。

(2)ベッドの上で飲食をする

汚れや水分はダニやカビの原因になります。お菓子や糖分の入ったジュース類はもちろん、水を飲むのもやめておきましょう。何らかのトラブルで濡らしてしまったときには、しっかりと乾かしてください。

(3)マットレスを敷きっぱなしにする

布団だけでなくマットレスも3カ月に1度は日光に当ててください。梅雨時期など湿気がこもりやすい時期はもっと頻度をあげても良いでしょう。

6、ダニに刺されてしまった時の対処法

腕やお腹が赤く腫れている。かゆい。もしかしてダニ?

ダニは直接皮膚を刺すのではなく、お腹、脇腹、太ももほか、腕の内側など柔らかい部分を狙い、衣服の上から刺します。ポツポツと赤身があるかゆみが出たら、ダニ刺されと判断していいでしょう。

病院に行けばいいのか、市販薬でいいのかわからない。

もしもダニに刺されてしまった時の応急処置をご紹介いたします。

(1)幹部を冷やす

刺された場所がかゆくてもかいてはいけません。悪化させることになります。まずは氷や濡れたタオルで冷やしましょう。冷やすことで炎症を抑えて、かゆみを緩和できます。温めても効果がありますが、かえって悪化することもあるので避けた方がいいでしょう。

(2)市販薬を塗る

軽症の場合は市販の虫刺され薬、重い場合はステロイド系のかゆみ止め市販薬を塗りましょう。塗った後、患部に触らないようにしてください。特に乳児や幼児の場合は、無意識にかきむしってしまう可能性があるので、絆創膏やガーゼで保護しましょう。

(3)ダニの頭を無理に取らない

もしダニが刺しているのを見つけても、無理に引きはがさないようにしましょう。消毒用のエタノールをガーゼなどにしみこませて、刺された部分に当てると自然に取れます。

(4)屋外で刺されたら病院へ

自然が豊富な山や川で刺されたら、それはマダニです。マダニは家の中のイエダニに比べて大きく食いついたら離しません。自分で取らずに皮膚科へ行きましょう。おう吐、下痢、発熱などがあったら感染症にかかっているかもしれませんので総合病院に行くことをお勧めします。

出典:「株式会社あらた」

基本的にマットレスにつきやすいダニは3種類です。強いかゆみがあり、蚊に刺されたときより大きく1センチ前後に腫れたらダニ刺されと判断していいでしょう。

7、マットレスを綺麗に保つ便利グッズ4選

マットレスのお手入れと併せて、ダニやカビの発生を抑える便利グッズを使用するとさらに効果的。ぜひ取り入れてみましょう。

(1)ダニ捕獲シート

 

URL http://amzn.asia/0kypY35
価格 2,163円
特徴 マットレスに住みついたダニを寄せ付ける便利なシート。薄いので邪魔になりにくく、使ったあとはすぐに捨てられます。

(2)除湿シート

 

URL https://item.rakuten.co.jp/futontanaka/03-sk-053/
価格 5,4oo円
特徴 マットレスと布団の間に敷ける薄型のシート。湿気や汗を吸い取ってくれます。使い捨てもありますが、一年を通して使用するのであれば干して再利用できるタイプが経済的です。

(3)防ダニスプレー

 

URL http://amzn.asia/aIkIUMo
価格 1,317円
特徴 ダニを寄せ付けないスプレーです。小さな子供のいる家庭の場合、匂いなど刺激の少ないタイプがオススメ

(4)ふとんブラシ

 

URL https://item.rakuten.co.jp/cresco/36025/
価格 3,580円
特徴 マットレスをただ干すだけでなく、せっかくならばダニやホコリをさらに効果的に除去しましょう。一昔前はバンバンと叩くのが主流でしたが、実はそれは逆効果。ダニは布団の奥深くに逃げてしまいます。ふとんブラシで優しくなでるとダニやホコリだけでなく、ダニの死骸も除去しやすくなります。

8、まとめ

ついつい忘れがちなマットレスのお手入れですが、健康で快適な睡眠をとるためには習慣づけたいもの。

特に子供と一緒に使用していると、汚れたり汗で湿気がこもったりしがちです。こまめなお手入れで汚れや湿気を定期的に取り除き、気持ちよく使用したいですね。

腰痛対策マットレス「モットン」

自然な寝返りをサポートするマットレスが登場!
モニターの94%わずか15日で効果を実感!

嬉しい声続々いただいてます。
「長時間のデスクワークも苦じゃなくなりました」

「朝まで快適に眠れています」


詳細はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

免責事項
このサイトは、腰痛に関する情報提供を目的としております。

■ このサイトに記載している内容は、医学的な研究による根拠や証拠に基づいて掲載されていますが、すべての腰痛症について効果を保証するものではありません。

■ 腰痛には様々な原因がありますが、まれに重大な病気やケガなどが原因となっている場合があります。万が一そのような病気やケガが発見された場合は、医師の指示に従い、原因となっている病気やケガの治療に専念してください。

■ あらゆる病気やケガの回復には個人差がありますので、効果の保証は致しかねます。ご自身の責任においてご参考ください。

■ またこちらに記載している運動やストレッチ、食事等を参考にしたことで、万一いかなる損害が生じた場合においても、当サイトはその結果に責任を負うものではありません。

タンタン整骨院 院長 小林 敬和(こばやし のりかず)

メディカルKグループ代表
薬に頼らない頭痛治療研究所 所長
柔道整復師・頸椎セラピスト(頭痛治療家)
協同組合日本接骨師会 会員

【著書】
「1分間で腰痛がみるみる治る!」(三笠書房)出版
「おでこを冷やすだけで心と体が元気になる!」(三笠書房)出版
「頭痛は、1分間でおさまる!」(KKベストセラーズ)出版
「腰痛治療 プロフェッショナル12人」(現代書林)出版