ぐっすり眠れる体にいいおすすめマットレスとマットレス選びのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
A さん
「朝から、あくびして、どうしたんですか?」
B さん
「最近、熟睡できなくて……。疲れが取れないし、まだ眠いの」
A さん
「わたしもです。でも最近マットレスを変えたら、ぐっすり眠れるようになったんですよ」
B さん
「そうなの? マットレスと安眠って関係あるんだね」
A さん
「あると思います!」
B さん
「あまり高いと買えないから、安くていいものが知りたいなあ。それに低反発とか高反発とか意味分からないし……」
A さん
「実はマットレス選びって、ちょっとしたポイントがあるんですよ」

仕事が忙しく思うようにお休みが取れない。しかも夜は目が冴えて眠れず、翌日まで疲れが残っている……なんてことはありませんか?

夜、ぐっすり眠らないと疲れが取れないばかりか、不眠ストレスもためてしまいそうです。実はマットレスを変えるだけで、翌日から安眠できたという報告があるほど、マットレスって大切なアイテムなんです

ここでは、あなたの体に合うマットレス選びの基本とコツ、口コミで人気! おすすめのマットレスをレクチャーいたします。

熟睡美人になるためにも、賢くマットレスを選びましょう。

腰痛対策マットレス「モットン」
自然な寝返りをサポートするマットレスが登場!
モニターの94%わずか15日で効果を実感!
嬉しい声続々いただいてます。
「長時間のデスクワークも苦じゃなくなりました」
「朝まで快適に眠れています」
腰痛対策マットレス「モットン」

目次

1、自分に合うマットレスを使用することで体が驚くほど変わる

マットレス選びは健康状態にも大きな影響があるってご存じでしたか?

「快適な眠り」や「質のよい安眠」は、人間の体を休めてエネルギーを蓄えることに直結しています

さらに体に合っていないマットレスを使っていると、体への負担が大きくなります。

だからマットレス選びは、すごく大切なことなんです。

姿勢がよくなったり、腰痛や肩こりが改善したりと、体調が驚くほど変化します。

つまり自分に合ったマットレスを選ぶことで、あなたの健康の悩みが解決するというわけです。

2、マットレスが合わないと? 意外なデメリットあり!

寝ても疲れが取れないのは、睡眠中にも体に負担をかけているから。ただ寝ていれば身体が休まるというわけではなく、その寝方が重要なのです。寝方によっては、血の巡りが悪くなったり、腰痛を悪化させたり、首に負担をかけてしまったり……。

寝ても疲れが取れないという状況は、寝ている間に特定の部位への圧迫が大きな原因。圧迫により血の巡りが悪くなると、疲労物質を体内に留めやすくなります。そうすると朝になっても疲れが取れず、スッキリしない……ということが起きます。

この圧迫を分散するのに最も効果的なのがマットレスの使用です。マットレスとは、敷布団の下やベッドに敷いて使う寝具の総称。体圧分散性の高いマットレスを使用することで、一か所に集中しがちな圧迫を分散することができます。結果、睡眠時に疲れを残さず、スッキリと目覚めることができるのです

とはいえ、何でもマットレスを敷けばいい、というわけではありません。

柔らかすぎると寝返りしにくく、お尻や背中がマットレスに沈み込んでしまいます。それによって体が曲がってしまうため、腰痛や肩こり、寝苦しさが表れます。

硬すぎると圧迫が分散されず、お尻や肩甲骨に負担がかかってしまいます。

他にも、寝返りのしにくさは仰向け寝した時のいびきの原因に!いびきでお悩みの方も、マットレスの見直しをしてみるといいかもしれません

他にも、睡眠時の不調はマットレスが合わないせいかも?

関係している不調を以下にまとめました。

(1)不眠

寝つきが悪い、寝ても目が覚めやすい……。「横になってみても、なんだか落ち着かない」ということはありませんか?身体に合ったマットレスを使用していないと、疲れているはずなのになぜだか寝付けない・緊張が取れないなんてことも。

日本は世界的に見ても不眠に悩む人が少なくありません。慢性的な睡眠不足は免疫機能の低下、脳の機能低下の他、太りやすくなるといった弊害もあります

(2)ストレス

人は、眠っている間に日中のストレスをリセットします。しかし思うように寝返りが打てなかったり、無理な体勢で眠りにつくとストレスを解消できないばかりか逆にストレスを生み出してしまいます。

(3)腰痛

人間の身体は、横になると頭部・胸部(肩甲骨)・腰部の3点に重力がかかるようになります。中でも体重の44%もの重さがかかる腰部は負担大!マットレス次第で、腰痛にお悩みの方は悪化することもあるのです。そして逆にいえば、体に合うマットレスを選べば腰痛緩和の効果も得られます。

(4)その他

柔らかすぎるマットレスでは、体が沈み込み寝返りが打ちにくくなります。そのため、首が固定されて肩こりが悪化したり、お尻部分が沈みすぎて腰に負担がかかってしまいます。

逆に硬すぎるマットレスでは、仰向け寝の際体重がかかりすぎて血流が低下し、手足がしびれてしまうことも。体圧分散ができないことで一部の筋肉に負担がかかり、肩こりや腰を痛める原因にもなります

3、高反発と低反発とスプリングどれを選びますか?

マットレスと一口に言っても、色々種類があります。

大きく分けて、高反発、低反発、スプリングの3種類です。

それらには、どんな違いがあるのか?

メリットとデメリットを合わせて、その特徴をご説明します。

(1)3種のマットレスの違い

高反発、低反発、スプリングの3種の違いを一覧にまとめました。

硬さや通気性、寝心地など比較の参考にしてみてくださいね。

種類 特徴 メリット デメリット
高反発マットレス 適度な硬さで理想的な寝姿を実現できる。材質によっては洗えるものもある。

耐久性・通気性は素材によって異なる。

就寝時の姿勢を正しく保てる。寝返りがしやすい。 硬すぎると血流を圧迫し、しびれが出ることも。寝相が悪い人はベッドから落ちる可能性あり。高価格商品が多い。
低反発マットレス 寝つきが悪い人に向いている。

体重が軽い方、長時間寝ていることが多い方にも◎。

柔らかく包み込むような寝心地の良さ。体全体に体重を分散することができる。 通気性、耐久性が悪い。材質の特性上、気温によって硬さが変わり夏は柔らかすぎることも。また、寝返りがしにくかったり腰が沈みすぎて負担をかけることがある
スプリングマットレス 一般的なホテルで使用されているマットレス。 耐久性、通気性◎。気温や湿度で変化しないので、年間通してパフォーマンスを維持できる。 洗えない。かさばる。横揺れが気になることも。

(2)高反発マットレス

高反発のマットレスは、体重が多くかかる3点の負担を軽くしてくれます。また、体が沈み込まないので寝返りが打ちやすいのも大きなメリット。現在、起床時の腰痛や肩こりが気になる人は、低反発のものより高反発のもののほうが症状を緩和できるでしょう。

デメリットは、硬いため寝心地がイマイチと感じる人が多いこと。また、寝返りが打ちやすいことから寝相が悪い人はベッドから落ちる可能性があります。

(3)低反発マットレス

最大の特徴は、なんといってもその寝心地の良さ。柔らかく沈み込む心地よさは低反発ならではです。また、体重を体全体に分散させることができるのもメリット。そのため寝相が悪い人でも、寝返りの回数を減らすことができるのでベッドから落ちる心配も少なくてすみます。

しかしそれは同時にデメリットでもあり、寝返りが抑えられすぎて体が凝り固まってしまうことも。また、低反発のマットレスは通気性がよくないので、湿気の影響を受けやすいのも問題です。柔らかい材質であるがゆえに、耐久性も比較的よくないという一面もあります。

(4)スプリングマットレス

一般的なホテルで使用されているのがスプリングマットレス。全体的にやや硬めの寝心地のものが多く、耐久性に優れています。スプリングマットレスは、面で体を支えるボンネルコイルマットレス、柔らかく体にフィットするポケットコイルマットレス、横揺れの少ない高密度連続スプリングマットレスがあります。いずれも丈夫で、通気性も良好です。

デメリットとしては、硬めの寝心地や揺れ。柔らかく揺れの少ないポケットコイルマットレスも、人によっては「酔う感じがする」という感想も。

4、あなたに合うマットレスの探し方

どのマットレスが合うかは、その人の生活習慣や症状によって異なります。自分にどんなマットレスが合うのか、以下でチェック!

(1)高反発マットレスが向いている人

  • 腰痛、ヘルニアがある
  • 肩こり、首こりがある
  • 硬めのマットレスが好き
  • 寝起きがスッキリしない

(2)低反発マットレスが向いている人

  • 寝つきが悪い
  • 寝相が悪い
  • 柔らかい寝心地が好き
  • 体重が軽め
  • 長時間寝ていることが多い

(3)スプリングマットレスが向いている人

  • 初めてベッドを購入する
  • 硬めのマットレスが好き
  • 寝ている間に汗をかきやすい
  • ひとつのマットレスを長く使いたい

5、ホームセンター、販売店、量販店で実際に寝てみよう!

インターネットの口コミや販売情報だけで選んでしまうのはちょっと危険。やはり実際に寝てみないとわからないことがたくさんあります。まずはお近くの量販店で寝てみることをおすすめします!

(1)人気のマットレスを体験できるショップ

人気のマットレスを体験できるショップ情報です。

先ほど、高反発、低反発、スプリングとタイプ別におすすめしましたが、やはり「気持ちがいい」と感じるものがいちばんです。スタッフに相談しながら体験してくださいね。

①マニフレックス

全国の取扱店(マニランド)

HP:http://www.magniflex.jp/shops/magniland.html

②東京西川

全国家具店・百貨店・専門店。お近くのお取り扱い店はHPより検索できます。

HP:http://www.nishikawasangyo.co.jp/r/shops/

③アイリスオーヤマ

全国のホームセンター、ヤマダ電機、ヨドバシカメラ等。

HP:https://www.irisohyama.co.jp/

④トゥルースリーパー

直営店の他、全国のアピタ、ピアゴ、アル・プラザ等。

HP:http://www.truesleeper.jp/special/store/

(2)その他のマットレスを体験できるショップ

ホームセンターや家具店にもマットレスを体験できることがあります。以下のお店がお近くにある場合、ちょっと試してみてはいかがでしょう。

名前 店舗情報URL 取り扱っているマットレスについて
ニトリ http://pkg.navitime.co.jp/nitori/ フランスベッド、シーリー社製品の取り扱いあり。オリジナルのシリーズ「Nスリープ」など開発に力を入れている。価格1,990円~。
ナフコ http://www.nafco.tv/stores/List/Nafco ナフコTwo-One Styleではテンピュール、シモンズ、フランスベッドの取り扱いも。オリジナルブランド「グランリーヴェ」やシモンズとの共同開発商品もあり。価格は14,812円~。
コーナン http://www.hc-kohnan.com/shop/ アイリスオーヤマ「Airy」の取り扱いあり。オリジナル商品もリーズナブルな価格で展開中。価格4,298円~。
カインズ https://map.cainz.com/ オリジナルのマットレスの種類が豊富。価格2,480円~
ヤマダ電機 http://www.yamada-denki.jp/store/ 店舗により異なる。

展示中のマットを試せる店舗もあり、また試せなくても売り場の方に特徴を聞くことが可能だと思います。予算感を含めて、どんなライフスタイルで、「寝つきが悪い」「眠りが浅い」など、睡眠の悩みを伝えてアドバイスをもらいましょう

6、マットレス選びの5ポイント

マットレスを選ぶ時のポイントは、なんといっても実際に試してみることです。口コミやインターネット上の情報だけではなく、気になるマットレスは実際に店頭で触れてみたり、寝心地を確かめてみましょう。その際にチェックするポイントを5つご紹介します。

(1)仰向けで背骨のカーブをキープ

睡眠中にもっとも多い姿勢が仰向け。この姿勢で寝てみて心地よいと感じるものを選びましょう。またその際、腰とマットの間にできる空間が2~3cm程度となるS字姿勢が理想の形。これは立っている時よりも、すこし体が伸びたようなイメージです。背中や腰が沈んだり、マットレスが体に密着しすぎていないか?体に余計な緊張はないかなどもポイントになります。

(2)寝返りが打ちやすい硬さ

人間は一晩に約20~30回もの寝返りをするといわれています。睡眠中に寝返りができないと、血行不良や体温調節がうまくできずに寝苦しくなってしまったり……。寝姿勢を確かめたら、実際に寝返りを打ってみましょう。余計な筋力を使わず、スムーズな寝返りが打てるかどうかが基準になります

(3)体重を支えるバランス

もう一度仰向けになって、体への負担がかかっている部位がないかを確認します。腰が沈みすぎていないか、肩や腰に違和感はないか?リラックスして感じてみてください。

(4)横向き寝で背骨がストレート

腰痛の人が取りやすい寝姿が横向き寝です。腰は楽になりますが、肩を圧迫しやすいので注意が必要です。仰向け寝の時と同様、理想的な寝姿は背骨から腰骨が一直線になる形。頭の位置は枕で調整できますが、肩の圧迫がきつくないかを確認してください。

(5)通気性と耐久性もチェック

一晩の睡眠中にかく汗の量は、平均約300ml。コップ一杯分強もの汗をかいています。そのため通気性が悪いマットレスでは、寝苦しい状態になり頻繁に寝返りをうったり、寝具の中に熱がこもって睡眠時の疲労の原因になります。寝苦しい状態で我慢して眠っていると、筋肉が緊張して体のバランスが崩れます。

また、マットレス選びには耐久性も重要なポイント。耐久性に乏しいマットレスでは、気温や湿度、使用による劣化で反発具合が変わってしまいます。それにより、だんだん体に合わないマットレスになってしまい、不調の原因につながることも。購入時のパフォーマンスを維持できるかどうかは、毎日使うものだからこそしっかり見極めたいですね。

7、人気のマットレスランキング

人気は高反発のマットレス。有名アスリートやオリンピック選手も愛用していることから注目が集まっています。適度な硬さと理想的な寝姿、寝返りがしやすいということの他に腰痛緩和にも効果見込めるのが魅力です。

人気ランキングは以下の通りです。「ちょっと予算オーバーかも……」という場合は、同社で比較的安価な製品もチェックしてみてくださいね。

【各製品の特徴一覧】

名前 特徴 規格 URL
モットンジャパン 自然な寝返りをサポートする高反発力。身体にかかる圧を分散し、腰への負担を軽減。蒸れにくく、通気性がよい。 価格:59,800円→ネット特別価格、今なら39,800円
サイズ:10*97*195
材質:ポリエステル100%
http://motton-japan.com/lp/mat/ka/
オクタスプリング 低反発と高反発の良さを同時に再現したハイブリット反発。世界累計400万枚を突破する売上。通気性、耐久性ともに◎。 価格 58,000円サイズ:シングル 7*97*193(cm)
材質:ウレタンフォーム
外装生地:ポリエステル100% キャンペーン開催中で、ウエブなら65%~69%オフで購入が可能(キャンペーンは予告なく終了することがあります)
https://www.ya-man.com/products/octaspring/lp/index.html?baitai_set=on&lisid=e_gs0000&lpomax=02010101
マニフレックス メッシュウイング 50年以上もの歴史あるイタリアの寝具メーカーのマットレス。有名アスリートに愛用者が多く人気。独自開発の高反発フォームを使用。長期保証あり。 価格:33,858円
サイズ:シングル 11*97*198cm
材質:ウレタンフォーム
外装生地:ポリエステル100%(エアーサーキュレーションメッシュ)
https://www.magniflexk.com/products/detail/184
東京西川 AiR amazonのベストセラー商品。多くのトップアスリートが愛用している。点で支えるウレタン構造が理想の姿勢をキープ。 価格:82,080円
サイズ:9*97*195cm
材質:ウレタンフォーム
外装生地:表地/ポリエステル100%(吸水拡散加工)、裏地/ポリエステル65%綿35%
http://www.airsleep.jp/lineup/si.html
アイリスオーヤマ マットレス シングル amazonランキング一位の人気商品。リーズナブルなので家族分買いそろえられる。厚みはないが軽くて扱いやすい。収納に便利な3つ折り式。 価格:3,792円
サイズ:4*90*190cm
材質:ウレタンフォーム
外装生地:ポリエステル100%
http://www.irisplaza.co.jp/Index.asp?KB=SHOSAI&SID=K530473
トゥルースリーパー プレミアケア 低反発マットレスで有名な同社。発売から15年愛されているロングセラー。楽天ランキング1位の実績を持つ。しっとりとした抜群の寝心地がくせになる。抗菌仕様。 価格:26,784円
サイズ:5*97*195cm
材質:ウレタンフォーム
外装生地:ポリエステル100%
http://www.truesleeper.jp/lineup/mattress/premium/single/
アイリスオーヤマ Airy ハイブリッドマットレス シングル 高い通気性のシリーズ「Airy」に、柔らかさと高い体圧分散性をプラス。通常のウレタンの24倍をほこる通気性「無膜ウレタン」使用で、一年中快適。 価格:21,384円
サイズ:9*95*198cm
材質:ポリエーテルエステル系繊維、ウレタンフォーム
外装生地:ポリエステル100%
http://www.irisplaza.co.jp/Index.asp?KB=SHOSAI&SID=K530334F

(1)モットンジャパン 腰痛対策マット モットン シングルサイズ

 

URL http://motton-japan.com/lp/mat/ka/
価格 39,800円(ネット販売特別価格)
特徴 腰への負担を最大限軽減すると評判のマット。自然な寝返りをサポートして、腰や胸にかかる圧力を分散する構造です。8万回の耐久試験をクリアした優れもの。通常のマットレスと比較して3倍の耐久性があります。高い通気性、蒸れにくく快適に眠ることが可能です。マットの厚みを10センチにしたことで、身体をふんわり押し上げます。ウエブには体圧分散測定データがあり、体重や好みに合わせて3種類の硬さから選ぶことができます。
口コミ
  • 朝から快適にスッと起きられるようになった
  • 3年愛用して、寝付き寝起きがよくなりバリバリ仕事ができるようになった
  • 届いた翌日から腰の負担が軽減されたのが分かった
  • 慢性的な腰痛に悩んでいたが、長時間のデスクワークも苦にならない

 

(2)オクタスプリング

 

URL https://www.ya-man.com/products/octaspring/lp/index.html?baitai
価格 58,000円~
特徴 低反発と高反発の良さを同時に再現した、ハイブリット反発のマットレス。世界累計400万枚を突破しています。耐久性をチェックする圧縮テストは6万回をクリアという実力派なので安心です。

ハニカム構造のウレタン製で通気性を確保。ムレにくくダニ抑制効果もあって快適です。ヤーマン公認。

口コミ
  • 寝つきの悪さが解消された
  • 腰が楽!
  • 熟睡できる。目覚めも快適。
  • 絶妙な硬さ&柔らかさ。あまりの寝心地のよさにびっくり

(3)マニフレックス メッシュウイング Sサイズ シングル

 

URL https://www.magniflexk.com/products/detail/184
価格 33,858円
特徴 50年以上の歴史あるイタリアの寝具メーカー、マニフレックス。有名アスリートに愛用者が多く、人気が高まっています。独自開発した高反発フォーム「エリオセル」が硬すぎず柔らかすぎない弾力性と復元性を実現

収納に便利な3つ折りタイプは日本限定です。耐久性が高い製品ですが、さらに長期保証がついており、期間中にへたり具合が20%を超えると新品と交換してもらうことができます。同品質で横幅が80cmとスリムなセミシングルもあります。(30,888円)

口コミ
  • 起床時の腰痛がなくなった
  • 目覚めスッキリ
  • 腰が沈まず、寝心地◎
  • 硬すぎて疲れてしまった

(4)東京西川AiR シングル レギュラー

 

URL http://www.airsleep.jp/lineup/si.html#tab02
価格 82,080円
特徴 Amazonのベストセラー商品であり、多くのトップアスリートにも愛用されている東京西川のAiR。点で支えるウレタン構造によって、寝返りのしやすさと理想の姿勢をキープ。早稲田大学スポーツ科学学術院と日本睡眠化学研究所の共同研究によって、その良質な眠りを実証しました。通気性に優れ、干す手間やほこりの心配も少ないという特徴もあります。同シリーズでサイズもほぼ同じベーシックは41,040円とリーズナブルです。
口コミ
  • 使用して半年経つが、汗の匂いがこもらず大満足
  • ちょっと高価だけど腰痛が軽減された
  • 使い始めた初日から効果を実感できた
  • この手の商品は仕方ないかもしれないけど、劣化が早くて残念

(5)アイリスオーヤマ マットレス シングル MTRF-S

 

URL http://www.irisplaza.co.jp/Index.asp?KB=SHOSAI&SID=K530473
価格 3,792円
特徴 リーズナブルで高品質がうれしい。amazonランキング一位の人気商品。厚さ4cmとボリュームはあまりないものの、軽くて扱いやすいです

3つ折りが収納に便利と好評で、一家にいくつか買いそろえられるのも高ポイント。同社にはお手頃価格のラインナップが豊富で、厚さや硬さもお好みで選べられるのがいいですね。

口コミ
  • 軽くて、きちんと3つ折りにできるので気に入っています
  • 少しへたりが大きいけど、値段が安いのでいいかな
  • シリーズでリピートしてます
  • 値段の割にしっかりしている

(6)トゥルースリーパー プレミアケア スタンダードタイプ シングルサイズ

 

URL http://www.truesleeper.jp/lineup/mattress/premium/single/
価格 26,784円
特徴 発売から15年、低反発マットレスで有名なトゥルースリーパーのロングヒット商品。楽天ランキング一位を獲得した実績を持っています。低反発素材「ウルトラヴィスコエラスティック」がまるでオーダーメイドのように体にフィット!快適な眠りへ誘います。専用保護カバーつきで、春夏はメッシュ面・秋冬はスムース面と季節に合わせて快適に使用できます。

日本製・抗菌仕様。高反発の弾力を併せ持つ「ネオフィール」「セロ」も人気の商品です。それぞれ価格24,624円。こちらは丸洗いも可能です。

口コミ
  • イメージ通り、体にフィット
  • 寝心地の良さに感動しました
  • 日頃忙しく働いている人におすすめしたい。朝まで気持ちよく眠れる。
  • 眠りの質が変わったと実感できた

(7)アイリスオーヤマ エアリーハイブリッドマットレス シングルサイズ HB90-S

 

URL http://www.irisplaza.co.jp/Index.asp?KB=SHOSAI&SID=K530334F
価格 21,384円(期間限定価格)
特徴 高い通気性で快適に使用できるシリーズ「Airy」から、2つの素材を組み合わせてさらなる高機能を実現しています。中は3次元スプリング構造で高い反発力を、表面には凸凹をつけた「プロファイル加工」のウレタン材で柔らかさと高い体圧分散性を

今までのAiryシリーズとはまたワンランク上の寝心地になりました。同シリーズの特徴である高い通気性は、通常のウレタンの24倍の通気性を誇る「無膜ウレタン」の使用によるもの。Airyシリーズは、厚さ等により16,178円~選ぶことができます。

口コミ
  • 厚みがあるので、これ一枚敷いて寝られるのが良い
  • ホコリアレルギーなので洗えるのがうれしい!
  • カサカサ音があるのがはじめ気になった
  • とてもよかった!今ある布団やベッド用に全部買い換えたい

どのマットレスも人気が高く、質の良い案実ができそうですね。体験してみて、「いちばん気持ちが良い」と感じるマットレスを選びましょう。またマットレスの耐久時間は、7年~8年程度といわれています。けれど、寝ている人の体重や寝る時間の長さによって変わります。

起きたとき、「安眠できない」「足や腰が重い」など変化を感じたり、マットレスの一部がへこむなどあれば交換の時期といえるでしょう。

8、まとめ

人間は、人生の3分の1の時間を布団の上で過ごすといわれています。毎日の疲れは、質の良い睡眠でリセットしたいもの。朝スッキリと目覚めて一日元気に過ごしたい! マットレスひとつでそれが叶うなら、ちょっと本気で選んでみたくなりますよね。

今回ご紹介したポイントを参考に、ぜひ店頭で寝心地を確かめてみてください。あなたにぴったりのマットレスが見つかりますように!

腰痛対策マットレス「モットン」

自然な寝返りをサポートするマットレスが登場!
モニターの94%わずか15日で効果を実感!

嬉しい声続々いただいてます。
「長時間のデスクワークも苦じゃなくなりました」

「朝まで快適に眠れています」


詳細はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

免責事項
このサイトは、腰痛に関する情報提供を目的としております。

■ このサイトに記載している内容は、医学的な研究による根拠や証拠に基づいて掲載されていますが、すべての腰痛症について効果を保証するものではありません。

■ 腰痛には様々な原因がありますが、まれに重大な病気やケガなどが原因となっている場合があります。万が一そのような病気やケガが発見された場合は、医師の指示に従い、原因となっている病気やケガの治療に専念してください。

■ あらゆる病気やケガの回復には個人差がありますので、効果の保証は致しかねます。ご自身の責任においてご参考ください。

■ またこちらに記載している運動やストレッチ、食事等を参考にしたことで、万一いかなる損害が生じた場合においても、当サイトはその結果に責任を負うものではありません。

タンタン整骨院 院長 小林 敬和(こばやし のりかず)

メディカルKグループ代表
薬に頼らない頭痛治療研究所 所長
柔道整復師・頸椎セラピスト(頭痛治療家)
協同組合日本接骨師会 会員

【著書】
「1分間で腰痛がみるみる治る!」(三笠書房)出版
「おでこを冷やすだけで心と体が元気になる!」(三笠書房)出版
「頭痛は、1分間でおさまる!」(KKベストセラーズ)出版
「腰痛治療 プロフェッショナル12人」(現代書林)出版